Director

吉田 謙一Kenichi Yoshida

少子高齢化や都市の縮退・再整備、地域や環境の問題など、構造的な社会的課題が顕在化する中、こうした課題に向き合う手段としてランドスケープへの関心の高まりを感じます。
ランドスケープをデザインすることは、ある環境と私たちの間にコミュニケーションをつくることであり、具体的にはその土地、場所、空間が本来的に持つ様々な「資源」の共有を通じて公共性を獲得し、その価値を高めることと考えます。ランドスケープ的なアプローチにより社会の課題に目を向けながら、私たちの日常の中に美しさや充足、楽しさや発見を生む手がかりをつくることを目指していきたいと思っています。

経歴

1988
早稲田大学理工学部建築学科卒
1990
同大学院修士課程修了
1990
鹿島建設株式会社入社
1996
University of Pennsylvania, Graduate School of Fine Arts, MLA
1996-7
米国 Hargreaves Associates

受賞

2010
万科 景観設計最優秀賞(瀋陽柏翠園)
2012
万科 景観設計最優秀賞(青島小鎮)
2016
Jurong Lake Gardens International Competition 最優秀賞
2018
Nanchang OCT, Xiang Lake Culture Tourism Landscape Design Competition 3位
2018
日本造園学会奨励賞(設計作品部門)(AKASAKA K-TOWER、WATERRAS、青島小鎮)