HOME > 景観計画の策定

景観計画の策定

景観計画の策定

良好な景観を形成するには、個々の建物の個性を競いあうのではなく、一定の広がりをもつ地区において、群として景観を形成する意識が大切です。しかし、群を構成するすべての建物や景観要素を一人の設計者がデザインすることはできません。そのため、良好な景観形成には、ルール(ガイドライン)が必要となります。景観デザイン室では、建物の色彩や形態・意匠とともに、人々が「景観」をもっとも体感する空間である「コモンスペース」に着目し、景観ルールづくりをおこないます。

実績